toggle
2015-07-31

いつも目の前の現実から


 

人生は一見、選択肢がたくさんあるように見える

それは情報量が豊富にありすぎるからかもしれない
若い人の定職に付かないなどはここからきているのかな?

「私には選択がたくさんある」

「いつかはなりたいものがる」
でも、

なりたい自分はいつだって目の前から続いてる

目の前の現実をしっかり仕事しない人に「いつか」はない
お客様の予想以上の仕事をする

ここからしか未来はない。

この記事を書いた人

濱崎 秀範
濱崎 秀範

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す