toggle
濱崎秀範,感性,セラピストマインド,
2017-04-12 | たわごと, ブログ

櫻の季節に



いたい、櫻が咲く季節になると東京タワーのたもとの「うかい」の前の櫻を見に来る。
麻布で店舗をもってから、いつからが始まりだったか・・・

この季節になると仕事終わりか仕事途中にふらっと足を運ぶ
この、うかいの壁の色と東京タワー、桜が相俟ってなんとも艶っぽいのだ。

その反面、このあたりは丘のように迫り出しているのだけれど、プリンスタワーのほうへ足をはこんでみると芝公園の桜のしたで、みなさんが花見酒を繰り広げているのですよ。
最近ではピザの配達もしてくれるとか 笑

でも、

どうも向こう岸は酒臭くて・・・

こちらの静寂とはまったくもって世界観が違うのです。
この場所はそこがまた面白いのです。

この季節は、2月~3月の決算もやりとげ、1月年明けに決意したであろう目的や目標を
再確認する時期なのです。今年を実りある1年にするための3ヵ月に一度の確認でしょうか。

この櫻をながめながら、ぼんやりと考えているわけです。


↑  白金公園:もうこのころにはできあがってますそしてピンボケ


2017-04-01 | web, たわごと, ブログ

パソコンの部品を交換してたら人間の自然治癒力の偉大さを感じた


最近、内蔵ドライブが壊れたので交換しました。

実はこのパソコン10年以上も使っています、こういうパソコンサイズを、ミニタワー型とか言ったりするのですが、10年前と同じなのはマザーボード(冷却グリス処理済)とケースだけで他はすべてスペック高いものに変更しています。

原型:Dell   Inspiron530s

続きを読む >


2017-01-07 | ブログ

ライセンスは同じでも使い手のマインドで異なる


私達の仕事は、人間の身体を操作して、来店前から来店後には変化をさせ技術を提供しています。
仕事への評価ということについて常日頃から考えていることを書いてみます。

ライセンスでなくマインド

どの職業も同じですが、ライセンスが違えばやり方が違う。これはあたりまえですね。

ライセンスが違えど、手や提供する側が考えるマインドで、技術やサービスに差があります。
同じ人に誰が同じサービスを提供しても、相手が受ける印象や感じ方が違うからです。
基本は同じで提供側とサービスを受ける側、ここに大きな空白があるのです。

だから、提供側は最大限結果がでるように、サービスを受ける側にあわせた提供方法を考えてとるわけですが、これがプロフェッショナルなのだと考えます。

しかし、提供側の基準が低い、つまりいろいろと提供できる術を知らない、やったことがない
何も疑問に思い、研究してこなかった、自分が提供している方法しかしらない・・・

それが当たり前だと思っているならば顧客はレベルの低い内容を、当たり前だとおもってしまいます。

昨今、

日本食が世界で注目されていますが、寿司一つとってみても、日本では当たり前に食べられる寿司が
変わって出てきたりします。中にはyoutubeで見よう見まねで作ったものを出してお金をとる店もあるのですよ。

それでは日本食の評価もさがりますよね。そういう間違った情報をうのみにしないよう、正しい日本食を普及しようと海外へ出向き指導されている日本人の方もいます。

つまり何が言いたいかというと、机上の勉強は基本として実際やってみた、蓄積というのは大事だと言いたいのです。

その方法をどれだけ、使ってどれだけ検証してきたか。

それに尽きると考えますが。皆さんはいかがでしょうか?


2016-10-13 | ブログ,

エッセンシャル思考を読んで



エッセンシャル思考

最少の時間で成果を最大にする
グレッグマキューン 著 高橋璃子 訳


 

ビジネスをする人向けの本です。普段、習慣的に過ごしている時間の使い方について見直すことができました。

 

このなかでいかに人生の時間を効率的かつ集中して使う為に、編集の3原則やさまざまな方法を通して、目的を明確にする方法が網羅されています。自分が普段大事だと考えていることを見直し大事なことを浮き彫りにするという点でこの本はわかりやすかったです。

一つの決断によってその後のあらゆる決断を不要にする

決断の中にはお店に入ってメニューから選ぶという決断から、人生を左右する事柄までさまざまです。とくに重要な決断の順は、お金にかかわることから優先順位が高いのではないでしょうか。お金の下限は精神にも影響があるので重要度が増していきます。

お金(物)自体には価値はありませんが、お金を払うことにより価値(事・物)が買えます。

それは、衣・食・住にまつわることから、嗜好する物や事、投資などの固定資産やファンドまで多岐にわたります。お金の価値と同じく、時間の価値はそれを超越します。時間を大切にすることは自分の人生を大切にすることです。お金によって時間を買うという解釈が正しいかもしれません。

 

この本の中で解釈に気をつけたいなという点に関しては

・最終形を明確にする

・目的が明確では無い場合人はいつでもいいことに時間とエネルギーを使う

という言葉がひっかかりました。皆、目的が明確でないことはやってはいないつもりだけど、惰性でやっていることは多いですよね。しかし、明確な事というのは、それに関連したたくさんの行動でなりたっています。明確化した内容を達成するための行動ですね。

誰しも、「資金が豊富ですべて人に任せて自分はやりたい作業だけに集中する」というのは、その人のステージによって違います。これを勘違いしてしまうのはちょっと気をつけたほうがよいですね。

ただ、この著者の伝えたいことは、最終系を明確するからすべて人に任せて本当に重要なことをやることを増やしていくというのが本質でしょう。

実際、グレッグマキューン氏はコンサルタント会社を経営しており、このエッセンシャル思考を多くの人に話し、説明することで自分の会社での役割にしっかりと集中しています。それは著者が伝えている

日々の都度を繰り返す、小さな高度こそ着目すべき

この言葉に集約されているのではないでしょうか。


学びを質の高いアウトプットにどのようにするか


本を読む、経済の状況を新聞やネットで吸収するそれは実際、なんのためにするのか?

理由はアウトプットのためだ。

アウトプットがないインプットは成長の経験ならない
でも、アウトプットの機会は今すぐにくることは少ない

だから、インプットして準備しておく。

それは、

顧客の為であり

会社の為であり

自分の為である

準備ができていなと事が訪れない法則はあると思う。

しかし、ここで話は終わりではない

アウトプットしながら経験をしてさらに磨いていくとい段階もあるのだ

学んだだけでは机上の理論で磨かれていないダイヤのような存在だ

磨かれないダイヤは価値が低いでしょう。

情報は知っただけではまだ、知っただけ。アウトプットして初めて武器になる。

 

そのような武器が逆の作用をすることがある

 

間違ったセルフイメージだ。

「あいつは私より出世した」

「私はあいつより仕事はできるはず」

「悔しい」

憎しみをバネに事を成し遂げようとするセルフイメージです

この考え方はいつも「あいつ」と比べる毎日の生活がスタートします。

 

でも、本当の目的は「あいつ」の先にあるもっと大きな枠組みにある

あなたの達成したことではないのですか?

目標は高く設定していると意外と小さい目標は達成できているあれです。

 

その「あいつ」というセルフイメージはどこから来たのか?

映画?、漫画?

ストーリーでは逆境から這い上がったみたいで面白いですがね。

この考え方は問題がおおいですよ。

 

 

 


どんぶり勘定にならないためのお金の管理



本当に必要なお金の管理


給料でもらっている人も、歩合でもらっている人も
押さえておきたいお金の管理ということを書いてみたい。本来、ほとんどの場合お金の「管理」の知識というのは、
幼少の頃から学生時に、学んできたものと言っていい。最初は「お年玉を貯金して・・」「バイトで稼いだ給料で・・

そんなきっかけで、無償の愛情や労働の対価としてもらったりでお金が入ってきて、目的があったり、誰かの為にという

「自分の意思」でお金を使う。


現金商売はとくに注意が必要


現金の仕事でよくあるのが、後先考えずに使ってしまって、最終的に支払ができずに困窮してしまうことだ。
あなたの家が資産家であり、常に不動産や投資、代々続く企業からの収益があれば、また金銭感覚も普通とは違うかも知れないが「事業での赤字はちょっと横に置いておいて」

ほとんどの場合、「ギャンブル」や「遊び」、「欲しい物」の度が過ぎた為に、困窮することが多い。

私もそのような人を見てきた、賃貸の保証人になったのだが、その人が家賃を払わず姿をくらませたことがあった。
仕事が終わった夜中に一人でそのアパートの荷物を引き揚げ、掃除をしにいった経験がある。

まーそういう人は依存症だから、自分で努力して変わる他ない。

そんな話はさておき、まず、入ってきたお金の行先として、自己投資をお勧めしたい。
どのような商売をやっていても会社員でもこの自己投資は絶対に裏切らない。
(人は逃げるけどね 笑)


未来への投資は貯金と同じ効果


よく言われるのは本などの勉強、「未来の投資」

私は何事もつっこんで探究する(調べる)癖があるのだが、ほんと優秀だなーと思う人は、インプットをより多くし、それをすばやく自分の人生経験に組み入れ、アウトプットを確実にやっている。過去の行動を辿ってみると躊躇なく行動に移している

そんな人とどこが違うかというと、普通の人は「考えて」いるだけでなかなかアウトプットまでいかないのだ。勉強会へ行っても、実際にそれを実行する人がいないというのがホントのところ。

同じ人間でも年間単位で行動量が違うと、ほぼ5年後は全く異なった現実になる。ここを心に刻んでおきたい。
その次に身体に対しての投資だ。運動や体のケアは自分がやるだけではなく、自分にも施してもらいたい。調子のいい体は精神的な「心の安定」も与えてくれる。科学的にもエビデンスがある。


どんぶり勘定にならないために


ちょっと前置きが長くなってしまったが、あたなの「月々の支払の額」はもちろん把握していますよね。田舎からバック一つで出てきて、誰も面識がないところか歩いてきたので、貧乏くらしもしてきたのでわかるのだが、

「節約」するがあまり、肝心な自分への投資に躊躇してしまうことだ。これは悩ましい。

こういう時は、経営者脳になって欲しい、

「このお金を投資することによってこれからのプランにどのように影響を与えるか?」ポイントはここだと思う。
月々の支払に支障無い範囲、又は売上の見通しが立っている日時をしっかりと把握してからお金を使う習慣にする。

これに尽きる。


お金の力をコントロールするために


いつもお金のこと(資金繰り)を考えていると非常に疲れるし、新しいいアイデアも浮かびづらい。でも、そのことは重要。

ではどうすればいいかというと、ノートなりエクセルなりに落としておくと忘れていられる。
複式簿記で帳簿をつけている方にもお勧めするが、帳簿では全体的な動きが一目で見にくい。忙しい毎日に全体像を5分以内に把握するのは無理。

注意点ですが、

ただ、毎月の支払日を書きとめておくのではなく、全通帳、現金、の動き、合計。通帳にいくら入っているから○日までに、いくら入れておくことが必要というレベルまで。毎月のカレンダー付きで。これはエクセルで簡単にできる。

パソコンができない人はノートに書いて。運用する。ぜひやってみてください。


1 2 3