toggle
セラピスト向け

技術を習得しても結果が出ないという人へ


勉強しても結果が出ないという人へ

■勉強会にも行った、練習もしているのにクライアントに結果がでない・・・


~セミナージプシーにならないために~

過去に技術の習得ということで、修行は必要か?という記事を書きました。
セラピストという職業は、自分で学んできた「方法」でしか、クライアントを満足させることはできません。それはあなたはその道の「専門」だからです。それでは質問ですがあなたのクライアントはどのような人が多いですか?

■クライアントのカテゴリーをわけてみるとで見えてくるもの


◆身体を使うことの習慣がある人

・ヨガ、バレエ、ダンサー、ボーカリスト、役者、技術職、管楽器奏者、格闘家、
⇒ポテンシャルUPという「結果」が出る

・ビジネスマン、運動嫌い、
⇒体のポテンシャルという「結果」がわかりにくい。

◆身体が不調な人、身体に関することにかかわりがある人

・一般の人、高齢者、指導者、(ヨガ、ダンサー、ボーカリスト、舞踊家、セルフケア)など人に見せることが職業系の人
⇒体が快適であることが身体のポテンシャルに左右されることをわかっている

■毎日の生活で身体のリラックスをもとめている人

◆身体が不調というより、ストレスフルなので「リラックス効果」をもとめてる人
・一般の人、職人、ビジネスマン、高齢の方
⇒リラックス・癒し・心地よさ・気持ちよさを求めている

■結果が出ないのなら技術の棚卸を


あなたが、時間をかけて学んできた技術はこのカテゴリーのどの人を癒しそうとしていますか。

また、どのよな不調の方を改善させようと努力してきましたか。これが明確でないとあなたの「技術」が発揮できにくいのです。
それは、あなたの技術の内容を「起点」として、チラシやホームページを制作しているからです。

ここが、実力が発揮でき結果がでない理由でもあります。得意な技術や方法ではなく、業者さんから覚えた手技とセットになった化粧品などを使って、行き当たりばったりでやっていませんか?
手数はたくさん増えているけど、また新しい手技、また新しい手技と、いつまでたっても自分の技術が「熟成」という段階にないセラピストが実に多いです。業者さんから新しい「方法」を学んでサロンに取り入れて、柔軟な姿勢はわかりますが、そのような人はもっと自分が学んできた技術も「探究」してみることをお勧めします。

すべてはあなたのマインドと手から技術はでているのです。「コア」の部分が磨かれないうちに、あっちこっちに目移りしていったい、これまでのクライアントはどうすればいいのでしょうか。

■自分の技術を検証する


ビジネスの改善についてよく使われる用語ですが、セラピストの修行にも必要だと思いますのでご紹介すると
P,D,C,Aサイクルという方法論があります。

・P(プラン)計画を立てる

・D(ドゥ)計画したことを実践

・C(チェック)実践したことを検証

・A(アジャスト)検証してみて問題があるところを改善させる

このようなことです
ではあなたが、技術という方法を習ったとします。

(P)どの時間でやってみるか?計画を立てる。

(D)実際、やってみて習慣にしてみる。

(C)クライアントに使用してみて検証しわからない先生に聞いて調べてみる。

(A)聞いたところをとり入れてみる

この方法を繰り返し、繰り返しやってみるのです。

■クライアントの為に学んでいるということを忘れてないか


勉強会で技術を習得し練習している本当の理由は自分のサロンやクライアントに使うため、喜んでもらうため。皆で集まって「勉強」する仲良しクラブではないのです。あなたはその「手技」でごはんを食べているのです。

いつも学ぶ目的を明確にするべきなのです。

■世の中に流されないために


前述で紹介したP、D、C、A、方法を活用してその方法を最低でも1年以上続けてみる。
実際のクライアントの変化を見てみる。数値化や感想を聞いてみる。

そのように、貴重な時間をつかうのですから、一つ一つ積み上げていくことも重要だと感じるのです。


技術だけでは通用しない時代になりました。


資格は持っていてもポジションでやり方が違うセラピスト


セラピストは「セラピスト道」
セラピストのカウンセリング

いろんな資格があります。

国家資格から、民間の資格、海外の資格

勉強してきて資格を取ってから技術の研鑽をつみ、
クライントを癒し、不調に改善に励みセラピストとして活躍していると思います。
ただ、大きな違いは

保険をつかった治療をする場合、部位も限られているし
同じ院の先輩から教えてもらった技術で対応しているので、身体全体を総括して見ることを許されていなかったり、
基本的なほぐす技術はできるのだけど、いざクライアントから「つらい症状」を懇願されると、こまってしまったり、セラピストはポジションによってさまざまです。

人を相手にする以上接し方も重要だよ


一対一の仕事だからこそ「接し方」が重要になります。

このことは学ぶといろいろなことが情報としてこれからの糧になります。
年数を積んで、来店するクライアントと接する中で、ほとんどの場合、「技術の領域を超えた知識」も必要ではないかと思うようになります。
技術を使うための「知識」、ほとんどの場合、自分で自分の体をよくわかってないのがクライアントです。
1回の施術で、どのような手技をうけてきたか?または押し付けられてきたか?どのように体を治していきたいのかというところから、今後の予定、どのくらいこれそうか?、この方にとってこの症状は毎日の生活の中で重要か?

もう、いろいろなところに行って全然変化がなくて、来た方はまず前の「院のこと(苦情)」をお聞きしてから 笑 と。
このように接する必要があると考えています。
私は。

技術の先にあるものが必要な時代


こういう事を長く続けてくると、やっぱり技術だけでなくて「技術を超えた知識」、セラピスト道なのではないかなと思うわけです。

技術は本やセミナーで幅広く学ぶことができます。
それは、あなたがクライアントに対し「セルフケアを伝えたい」のか、「少しでも痛みやつらさを取ってあげたいのか」で学ぶことが可能です。

自分にとっての武器ですから。

でも、その技術という武器をつかう為のあなた自身のマインドも磨く必要があるということも忘れてはいけないです。


2016-03-24 | 学び

これまでの棚卸をかねてセルフマガジンを学んだ


自分これまでを棚卸したくなったからセルフマガジンを学びにいった

出版社入口出版社入口

先日、サンクチュアリ出版でセルフマガジン、つまり、個人、法人の営業ツール、人生の棚卸としてマガジン作りをやってみようという内容。具体的な編集から作成の方法まで。事細かく教えもらった。

短い時間だったが、久しぶりのセミナー。とても充実した時間をすごせた。ありがたい。
出版社中

サンクチュアリ出版室内

そうそう、この出版社はだいぶ前から知っておりまして初めて買った本は、

無駄に生きるな熱く死ね (Sanctuary books)
直江 文忠氏の本で、写真と文章にひかれるものがあって買った思いがある。

患者様、お客様への伝え方を掘り下げる

これまで、サロンの販促や顧客フォローの一貫として、Adobeイラストレーターを使用してさまざまな方法を実行してきたが、かさこ氏はカメライターとしての紙、ネットの媒体を使いこなし、編集者のご経験もあるので、内容の作成の仕方、まとめかた、営業ツールとしての使用方法まで勉強させていただきました。
本人のブログは一日、1万~1万5千アクセスもあるという。

すごい!改めて一つのことに集中しやりきるということを学びました。

世の中にあった伝え方

オープン当時から紙媒体の役目についていろいろと考えてきたが、昨今、迷惑メールや営業電話など制約の確立が低くなっていると状況はなんとなくわかっていまして、顧客自らがほしい情報をインターネットを通じて簡単に調べることができるので、ほとんどが拒否反応をおこしてしまうからだ。

いらない、弊社にかかってくる必要ない営業電話ほど、イラつくものはない。同じ意見である。
紙媒体から、ネットを見てもらうということが必要なようだ。よりよい情報をお伝えできるように、企画段階から、計画的に実行しようと思います。

かさこ氏の魅力はその、セミナーでの優しい口調もさることながら、一言一言に信念のようなものをひしひしと感じた、これは歩かれてきた「道、行動力」からなるものか。

また尊敬できる師匠をみつけました。ぜひ、ブログをのぞいてみてください。感じるものがありますから。

ブロガーかさこの好きを仕事にするセルフブランディング術

・・・・・

出版社へは、副都心線北参道から歩いていったのだけど、途中面白い駐輪場を見つけた

自転車置き場壁につけるなんで初めてみた 笑


「二郎は鮨の夢を見る」はすべての職人に贈るエールだ。


二郎は鮨の夢を見る先日見た映画「二郎は鮨の夢を見る」、数寄屋橋
次朗の店主、小野二郎さんのドキュメントだった

 

私もそうやって飯を食ってきたが、「職人」と言われる職業の人はぜひ見てもらいたい。
気になった場面をピックアップすると

・シャリとネタのバランスをいつも考えている、シャリは人肌。

・ミシュランの最年長、三ツ星シェフに選ばれた→審査員が毎回いっても味が変わらない。

・一人3万円から、そのときのネタで変わる。
・熱いおしぼりを、手でしぼってだす。まずこれができないと魚を触らせもらえない

・いつも、おいしくできるように工夫してきた。

・少しでも上、少しでも上と考えてやってきた。

・卵焼きを焼くのに10年かかる。

・鮨はほとんど、下ごしらえが重要で、一人一人役割分担がされている。二郎さんは昔より楽をしていると話していた。

・一回だして、左手で食べたらそれ以降、左側に鮨をだす。

 

二郎さんの息子は2人いて長男は数寄屋橋で手伝っていて、二男は六本木で営業している。

一般的な弟子より、店では厳しく修行させたという。
今ではインターネットで検索すれば、だいたいの方法は手に入る

■修行の意味とは

専門書もたくさんある。情報は手にはいるのだ、
しかし、「方法」は手に入ってもそれを使う、使い手の「マインド」のことは

あまり語られことがない。これを修行で養うのだとおもう。

人でも同じだが、職人といわれる世界に多くみられる「方法」さえわかり、だれでもできるなら、

「誰でもすぐに達人になれるし、皆、勉強しさいすれば人格者」になれているはずだ。

では、なぜそうなっていないのか?
先日書いた、「修行は必要か?」という話にも通じることだが、このドキュメントは職人側から見た話で、確実にその人が持っている「マインド」が重要ということだと受け取っています。

■修行の時期の向き合い方

仕事に対しての―

・向き合い方

・継続の仕方

・絶対手を抜いてはいけない事

・常に向上心をもつ事

業界によっては違うがこれを修行中に学び、経営にしても、技術にしてもやればやるほど課題が見えてくる

その課題を自分で定義し、クリアしてまた課題に立ち向かう。または、先行者や先輩から教えられている時もこれと同じ、私は修行はもちろん必要だと思っている派だ。

経営者の本音としては即戦力で働ける人を雇用したいと願っているが、技術職となると本当に自己流になっていたり、お客様を満足させられないこだわりをもっていたり、結果が出ない方法を本気で信じていたりします。

だが、教える側の工夫も必要だと思います。

短い時間でより相手に中身の濃い内容を伝えることができれば、教えた相手も早く成長できるます。教える側も「成長」が必要なんですね。

得意不得意もあるが、職人肌の人は教えることは苦手な人が多く、これも修行が長引く理由になるかもしれない。

うまく伝える考え方と、実際やるやり方はまったく違う考え方をしなければならないからだ。

弟子ができて、初めて教え方を考えました。それが感覚力というメソットになり、覚える側も
各段に成長が早くなった。あとは、覚える側の姿勢です。

このドキュメントを見て、

「一つの道を深いレベルまで、追求すること」の大切さを学ばせてもらいました。


2016-02-17 | セミナー

修行は必要か?


先日、テレビ朝日のたけしのTVタックルという番組の一コマで、銀座久兵衛の店主と、短期間ですしの修行ができる

すしアカデミーの関係者が、テレビ出演して意見を交わしていた。

kyuubei
銀座久兵衛

susiakademi
東京すしアカデミー

 

■お金を出して学ぶ vs 修行して学ぶ

内容は・・
susi職人

・老舗の銀座 久兵衛はみな修行したくて、入店待ちである、(給料もらえる)

・一方、東京すしアカデミーはお金を払って勉強している
ラーメン職人

・ラーメン店も、独学で5年食べ歩いて研究、開業
・修行必要と話すラーメン店の店主は、暇なときでも修行がこころの支えになる
忍耐強くなるという

芸能という世界では

北野氏が言うには、

・お笑いの世界では、幕前で芸をする人がいて、10年くらいやって支配人に認められないと
舞台で芸をやれない

現在、業界の店舗数も多いラーメン店の取材を通じて

・修行する派と

・修行しなくてもいい派

が、紹介されていて「修行は必要か必要でないか」という議論が行われていた。

よく話を聞いていると、独学でラーメンを学んだ人も5年くらいはいろいろなところを
食べ歩いて、食べ比べて味を研究していたと話していた。
そのような人はすでにそれが「修行してる」と北野氏は指摘していた。

興味を持って探求しようと思って動いた時点で、それは修行が始まっていて
それを続けて、繁栄店になれたということだ。

■提供するサービスによって修行の仕方は変わるはず

修行することで、考え方のマインドやお客さんの嗜好も研究できるということか(その市場の)
結局、お客さんにに向かう、精神の姿勢を学ぶのではないか。

実際、すしアカデミーの人も「結果がでるまで時間がかかる」と話している。

やり方を覚えても、仕事をしながら修行は必要ということだろう。

セラピストにおける修行は必要だと思うが、資格をとって実践経験がないが
すぐに開業することもできる。仕事をしながら学べるだろう。

開業してからのブラッシュアップという意味では私はいつも勉強していなければならないと
思っている。(むしろあたりまえ!)

また、ラーメンは味という比較が、他者と比較してブラッシュアップできるが、
(食べにいけばいいし、人に食べてもらって感想も聞ける)

■一対一で技術を提供する業界は?

セラピストや一対一で施術、営業、という職種は、お客様を施術、対面で営業した実践経験がないと「修行」にならないと感じるが皆さんはどう考えるだろうか。

それは、場数を踏まないとお客様からの客観的な意見がとりにくいからだ、

結局、

資格や技術を身に着けたら、それを実際使ってみるという経験も必要だと私は考える。


私の歩いてきた道について


hide_blog高尾山6号路

 

まず、整体(マッサージ技術じゃないよ)

すべて、技術を修行してきた段階から独立することが目標にありました

よりよい技術を提供して、患者さんが喜んでくれるのがとてもうれしかった。
だから、整体の世界を深く深く、堀下げて、身体に起こる不調は
どのような問題も試行錯誤して、自分の技術を磨いてきました。

医療では解決できない部分を、
手技療法を通じて何とかできないかということが
私のテーマだ。

実際、病院やいろいろなところへ行ってもだめで、
という方を、ご紹介で施術させていただくことが多い。

もし、この方法をとらなかったら、
「最期までこの方はこのような状態だったのではないか」
など考えると、少しは社会に貢献できているのではないかと思う。

誰にもほめられ、認められるわけではないが

また、ほとんど積極的にお客さんを集める思索はしていないが
お金をださないとお会いできないような、テレビ画面に出ている
方々にもご来店いただきました。
(一緒にカメラで撮影して自慢しない派です)

「この技術とともに店も自分も磨かれている」そのように思います。

もともと、医療ではなく
統合医療の一つという位置ずけなので
このようなポジションだろうと感じている。

最近ではこの仕事はとても人の人生とかかわり
患者さん「その人」をよく観察しなければならない仕事だと感じています。

力が弱まっていらっしゃる時は、エネルギーを上げるように

また、気持ちが上がりすぎてon、offのoffができない方には
少し呼吸を意識させて、自分自身を「内観」して
いただくようお話したりするようにしてます。

整体技術だけでなく、
得意分野を増やすことにより、自分を強化し
いろいろなことに対応できるように学びつづけてます

経営ということについて

そろそろ自営業になり、経営ということを学び始めて9年目

起業にはいろいろな「形」があって皆さんスタートしたと思うが
自分は必然的だったと思う。

親の影響か?
親も自営業で飲食店はじめたりした経験があります

だが、
親の営業スタイルにはならないようにしてきたので親の影響ではないだろう
自分のやりたいことをやりたかった、
ずーと自分が積み上げてきた「方法」で
お客さんに喜んでもらいたいという気持ちが強かったからということが正解ですかね

最近では、

お店を運営する上で多くの「方法」が必要になること、
実践的に「攻めと守り」を学んできたので
なにかお役に立てることが必ずあると思います。

と、

またブログを再開しました。


1 2 3 4 7