toggle
たわごと
2017-04-01 | web, たわごと, ブログ

パソコンの部品を交換してたら人間の自然治癒力の偉大さを感じた


最近、内蔵ドライブが壊れたので交換しました。

実はこのパソコン10年以上も使っています、こういうパソコンサイズを、ミニタワー型とか言ったりするのですが、10年前と同じなのはマザーボード(冷却グリス処理済)とケースだけで他はすべてスペック高いものに変更しています。

原型:Dell   Inspiron530s

続きを読む >


2017-01-02 | たわごと, ブログ, 学び

昨年を振り返って


 

 

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願い申し上げます。
元旦も過ぎお腹も心も少し落ち着いてきたところで、昨年を振り返ってみると、仕事に集中し新しい現実を確実に踏み込み歩いていける経験ができたという感想です。
続きを読む >


学びを質の高いアウトプットにどのようにするか


本を読む、経済の状況を新聞やネットで吸収するそれは実際、なんのためにするのか?

理由はアウトプットのためだ。

アウトプットがないインプットは成長の経験ならない
でも、アウトプットの機会は今すぐにくることは少ない

だから、インプットして準備しておく。

それは、

顧客の為であり

会社の為であり

自分の為である

準備ができていなと事が訪れない法則はあると思う。

しかし、ここで話は終わりではない

アウトプットしながら経験をしてさらに磨いていくとい段階もあるのだ

学んだだけでは机上の理論で磨かれていないダイヤのような存在だ

磨かれないダイヤは価値が低いでしょう。

情報は知っただけではまだ、知っただけ。アウトプットして初めて武器になる。

 

そのような武器が逆の作用をすることがある

 

間違ったセルフイメージだ。

「あいつは私より出世した」

「私はあいつより仕事はできるはず」

「悔しい」

憎しみをバネに事を成し遂げようとするセルフイメージです

この考え方はいつも「あいつ」と比べる毎日の生活がスタートします。

 

でも、本当の目的は「あいつ」の先にあるもっと大きな枠組みにある

あなたの達成したことではないのですか?

目標は高く設定していると意外と小さい目標は達成できているあれです。

 

その「あいつ」というセルフイメージはどこから来たのか?

映画?、漫画?

ストーリーでは逆境から這い上がったみたいで面白いですがね。

この考え方は問題がおおいですよ。

 

 

 


2016-03-19 | たわごと

完璧ではない、だが前進する。


 

人は目的をもって生きている

・稼ぐためか?

・生きるためか?

いつも良いことばかりではないから、目的を失ってしまう時もあるだろう。

「今の自分は○○だから・・・」その現実から動かない選択をしていまう人がいる

そのような時こそ、変化が必要ではないか?

「今の自分はー」

「今○○だからー」

・・・

 

軌道

その、繰り返しは以前やってきて、そのループをやめなければ
生活の何一つ変われないことがわかっているからだ。

その、ループの「軌道」をかえなければ同じところの堂々巡りだから。

今現在のこの瞬間から、新しい軌道を描いてほしい。
人生は一度きり、いつかは死ぬ、

そう生きるべきだ、前をむいて。


私の歩いてきた道について


hide_blog高尾山6号路

 

まず、整体(マッサージ技術じゃないよ)

すべて、技術を修行してきた段階から独立することが目標にありました

よりよい技術を提供して、患者さんが喜んでくれるのがとてもうれしかった。
だから、整体の世界を深く深く、堀下げて、身体に起こる不調は
どのような問題も試行錯誤して、自分の技術を磨いてきました。

医療では解決できない部分を、
手技療法を通じて何とかできないかということが
私のテーマだ。

実際、病院やいろいろなところへ行ってもだめで、
という方を、ご紹介で施術させていただくことが多い。

もし、この方法をとらなかったら、
「最期までこの方はこのような状態だったのではないか」
など考えると、少しは社会に貢献できているのではないかと思う。

誰にもほめられ、認められるわけではないが

また、ほとんど積極的にお客さんを集める思索はしていないが
お金をださないとお会いできないような、テレビ画面に出ている
方々にもご来店いただきました。
(一緒にカメラで撮影して自慢しない派です)

「この技術とともに店も自分も磨かれている」そのように思います。

もともと、医療ではなく
統合医療の一つという位置ずけなので
このようなポジションだろうと感じている。

最近ではこの仕事はとても人の人生とかかわり
患者さん「その人」をよく観察しなければならない仕事だと感じています。

力が弱まっていらっしゃる時は、エネルギーを上げるように

また、気持ちが上がりすぎてon、offのoffができない方には
少し呼吸を意識させて、自分自身を「内観」して
いただくようお話したりするようにしてます。

整体技術だけでなく、
得意分野を増やすことにより、自分を強化し
いろいろなことに対応できるように学びつづけてます

経営ということについて

そろそろ自営業になり、経営ということを学び始めて9年目

起業にはいろいろな「形」があって皆さんスタートしたと思うが
自分は必然的だったと思う。

親の影響か?
親も自営業で飲食店はじめたりした経験があります

だが、
親の営業スタイルにはならないようにしてきたので親の影響ではないだろう
自分のやりたいことをやりたかった、
ずーと自分が積み上げてきた「方法」で
お客さんに喜んでもらいたいという気持ちが強かったからということが正解ですかね

最近では、

お店を運営する上で多くの「方法」が必要になること、
実践的に「攻めと守り」を学んできたので
なにかお役に立てることが必ずあると思います。

と、

またブログを再開しました。


2015-07-31 | たわごと, ブログ

いつも目の前の現実から


 

人生は一見、選択肢がたくさんあるように見える

それは情報量が豊富にありすぎるからかもしれない
若い人の定職に付かないなどはここからきているのかな?

目の前の現実

「私には選択がたくさんある」

「いつかはなりたいものがる」

でも、

なりたい自分はいつだって目の前から続いてる

目の前の現実をしっかり仕事しない人に「いつか」はない
お客様の予想以上の仕事をする

ここからしか未来はない。


1 2