toggle
2016-04-21

どんぶり勘定にならないためのお金の管理



本当に必要なお金の管理


給料でもらっている人も、歩合でもらっている人も
押さえておきたいお金の管理ということを書いてみたい。本来、ほとんどの場合お金の「管理」の知識というのは、
幼少の頃から学生時に、学んできたものと言っていい。最初は「お年玉を貯金して・・」「バイトで稼いだ給料で・・

そんなきっかけで、無償の愛情や労働の対価としてもらったりでお金が入ってきて、目的があったり、誰かの為にという

「自分の意思」でお金を使う。


現金商売はとくに注意が必要


現金の仕事でよくあるのが、後先考えずに使ってしまって、最終的に支払ができずに困窮してしまうことだ。
あなたの家が資産家であり、常に不動産や投資、代々続く企業からの収益があれば、また金銭感覚も普通とは違うかも知れないが「事業での赤字はちょっと横に置いておいて」

ほとんどの場合、「ギャンブル」や「遊び」、「欲しい物」の度が過ぎた為に、困窮することが多い。

私もそのような人を見てきた、賃貸の保証人になったのだが、その人が家賃を払わず姿をくらませたことがあった。
仕事が終わった夜中に一人でそのアパートの荷物を引き揚げ、掃除をしにいった経験がある。

まーそういう人は依存症だから、自分で努力して変わる他ない。

そんな話はさておき、まず、入ってきたお金の行先として、自己投資をお勧めしたい。
どのような商売をやっていても会社員でもこの自己投資は絶対に裏切らない。
(人は逃げるけどね 笑)


未来への投資は貯金と同じ効果


よく言われるのは本などの勉強、「未来の投資」

私は何事もつっこんで探究する(調べる)癖があるのだが、ほんと優秀だなーと思う人は、インプットをより多くし、それをすばやく自分の人生経験に組み入れ、アウトプットを確実にやっている。過去の行動を辿ってみると躊躇なく行動に移している

そんな人とどこが違うかというと、普通の人は「考えて」いるだけでなかなかアウトプットまでいかないのだ。勉強会へ行っても、実際にそれを実行する人がいないというのがホントのところ。

同じ人間でも年間単位で行動量が違うと、ほぼ5年後は全く異なった現実になる。ここを心に刻んでおきたい。
その次に身体に対しての投資だ。運動や体のケアは自分がやるだけではなく、自分にも施してもらいたい。調子のいい体は精神的な「心の安定」も与えてくれる。科学的にもエビデンスがある。


どんぶり勘定にならないために


ちょっと前置きが長くなってしまったが、あたなの「月々の支払の額」はもちろん把握していますよね。田舎からバック一つで出てきて、誰も面識がないところか歩いてきたので、貧乏くらしもしてきたのでわかるのだが、

「節約」するがあまり、肝心な自分への投資に躊躇してしまうことだ。これは悩ましい。

こういう時は、経営者脳になって欲しい、

「このお金を投資することによってこれからのプランにどのように影響を与えるか?」ポイントはここだと思う。
月々の支払に支障無い範囲、又は売上の見通しが立っている日時をしっかりと把握してからお金を使う習慣にする。

これに尽きる。


お金の力をコントロールするために


いつもお金のこと(資金繰り)を考えていると非常に疲れるし、新しいいアイデアも浮かびづらい。でも、そのことは重要。

ではどうすればいいかというと、ノートなりエクセルなりに落としておくと忘れていられる。
複式簿記で帳簿をつけている方にもお勧めするが、帳簿では全体的な動きが一目で見にくい。忙しい毎日に全体像を5分以内に把握するのは無理。

注意点ですが、

ただ、毎月の支払日を書きとめておくのではなく、全通帳、現金、の動き、合計。通帳にいくら入っているから○日までに、いくら入れておくことが必要というレベルまで。毎月のカレンダー付きで。これはエクセルで簡単にできる。

パソコンができない人はノートに書いて。運用する。ぜひやってみてください。


関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す